自動車の売却が出来る下取り・買取の紹介サイト

ネットで車を売った体験談を紹介

新車を購入する時に車を売ったのですが、
今回は始めてインターネットでの査定を活用して売りました。
インターネットでの査定はとても簡単で、自分が乗っている車の車種や走行距離、車の状態などを入力するだけで大よその査定金額を出して頂く事が出来ます。
インターネットでは一社の査定ではなく、数多くの業者の査定金額を見る事が出来ます。
自宅の近くに車の買取業者が何社かあっても実際に車を持っていってお店事に査定を行ってもらうのは時間的にも体力的にも疲れてしまいます。
しかしインターネットですと実際にお店に足を運ぶ必要が無くなるのでとても簡単です。
近所の買い取り業者の査定金額を自宅に居ながらにして見る事が出来るので車の買取業者を探している方は是非活用してみて下さい。
査定業者を探す時には口コミサイトなども一緒に参考すると失敗が少なくなります。
業者によってはサービスが悪かったり、提示した査定金額と実際に売りに行った時の買取価格が違う場合があります。このようなトラブルを避けるためにも口コミサイトを活用しましょう。
また現在人気の買取業者をランキング形式で表示しているサイトなどもあるのでこちらも活用して下さい。
インターネット上で査定金額を出してもらい、実際にサービスが良さそうなお店が見つける事が出いれば後は実際にお店に車を持っていくだけです。
査定金額が既に出ているので後はお店との細かな調整だけで話はスムーズに進みます。
大よその査定金額を知る事により次に購入する車のグレードも検討する事が出来ます。

営業マン魂が行き過ぎた

いつも車はディーラーで購入、下取りをしてもらっています。

 

車を売ろうとするときには必ず確認することがあります。

 

「売った金額で元の車のローンが完済できるのか」

 

そうでなければ元の車と新車と2台分のローンを組むこととなってしまうからです。

 

そのことに重点を置いていたにもかかわらず、
営業マン(親戚)の説明不足から残債を作らされたことがあります。

 

その営業マンは親戚ということもあり、
今回の車の下取り価格をハッキリと伝えてこなかったのです。
付き合いも長く、私の「残債を作らない主義」をわかっていました。
当然、残債は無い下取り価格で次の車を勧めてきていると思っていました。

 

購入する段階でも
「残債は無いようになっているよね?」と聞くと
「大丈夫です!」と答えていた親戚の営業マン。

 

そして支払いが始まると、なぜか2つのローン会社からの引き落としがありました。
営業マンに連絡をすると

 

「いや〜、残債ゼロでその車の購入は無理っすよ!」

 

この行為は詐欺罪に当たりますよね?
売りたいがために騙されました。
付き合いが長く、その上親戚でもあるので、よくわかっていると思っていた自分もいけませんが、
安い買い物ではないのです。
すっかり騙されました。

 

某ディーラーでの出来事ですが、成績を伸ばしたいがために
親戚まで騙すとは言語道断です。
その後、親戚を集めて会議を開催。
騙したのが悪いということで、親戚の営業マンが残債を支払うことで和解しました。

 

もうその親戚からは買いませんが、
「また買ってくれ」
と連絡をしてくる営業マン魂は褒めてあげるべきなのでしょうか。

売却するなら一番高くうりましょう

 

【MAZDA】OFFICIAL WEB SITE
http://www.mazda.co.jp/

車下取りと買取のどちらがお得?

車下取りとは、新車を購入する際にディーラーに今乗っている車を引き取ってもらい新車価格から差し引いてもらうサービスのことをいいます。また買取というのは、このディーラーを通さずに、一般の買取業者に今乗っている車を査定してもらってから買い取ってもらうことをいいます。
一言で、どちらが得なのかと聞かれれば、それはもちろん買い取り業者に買い取ってもらうほうでしょう。

 

一般にディーラーが提示する額は、買取業者の査定金額を20〜30万円ほど下回ると言われています。それにディーラーが行う車下取りでは、長く乗った車や事故車はもちろん、改造した車などはほとんど価値がつきません。それに比べて買い取り業者はこういった車でも高い値段がつくことがあります。今、世界では中古車ブームが起きているので、日本の車はそれだけでブランドになるのです。すこし手間はかかりますが、少しでも高く愛車を引き取ってもらいたいなら、車下取りよりも買取業者に査定をお願いするほうがいいでしょう。